検索

まちらぼのちょっとここだけの話vol.22

こんにちは。小出です。

室山くんからアツい、アツすぎるバトンを受け取りました!

実は私、4月1日にオープンした

糸魚川市駅北広場の運営・管理のお仕事をさせていただいています。


この駅北広場、愛称は「キターレ」です。

今回は、知る人ぞ知るキターレの地下のお話です。


あなたは、キターレの地下には何があるか、知っていますか?

ちょっと、キターレの床を見てみましょう。


おや、何か白い枠のようなものが描かれています。


もうちょっと、寄ってみると・・・


ファイヤー・・・シス・・・何でしょうか。


Cistern(シスタン)とは水槽のこと。

実は、キターレの地下には、

国内最大級、200トンの水をためられるファイヤーシスタン、

つまり、防火水槽が設置されています。


2016年12月22日の糸魚川市駅北大火の経験から、

消火に使うことのできる大量の水が蓄えられているのです。


災害の経験は、発信しなければ、次の世代に伝わっていきません。

「ここに水がある」という安心感と合わせて、

大火の経験をつないでいけたらと思います。


キターレは、定休の水曜日を除き、

9〜22時に開館しています。

駅北でお待ちしています。


次回は、写される時はカメラ目線、杉本くんの登場です。

新年度をどんな風に迎えているのでしょうか。

お楽しみに!


76回の閲覧
メインロゴ_アートボード 1.png

まちづくりらぼ | 

〒941-0061 新潟県糸魚川市大町2丁目2-19(糸魚川市駅北広場「キターレ」内

| Mail: machilab1120info@gmail.com  

| Tel  : 025-556-8200

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon