検索

まちらぼのちょっとここだけの話vol.41

青春。

青春ってなんだっけ、と思わずググってしまいました、小野です。

これぞ青春!と呼べるものがありませんが、私なりの青春を少しばかり…



大学へ進学し、4月の新入生歓迎シーズンのこと

新潟県出身の学生が少ない中、偶然にも長岡出身の先輩と出会ったことがきっかけで

その先輩が所属していた農業サークルへ入ることを決めました。

農業をやりたいと思っていたこともあり、即決でした。


学生が都市と農村との交流を手助けすることを目的としたサークルで、週末に棚田のオーナー制度を行なっている地域へ行っていました。

地域で耕作されていない畑を借りて、みんなで野菜を育てたり。

畑のことを何でも知っている先輩がものすごくかっこよくて、私もそうなりたい!と強く憧れていました。

(それが現職を選んだ理由のひとつだったりします)

その後上位学年に上がり、畑リーダーを任され奔走するわけですが…



サークルの仲間たちがいたおかげで、学生生活は最高に充実していました。


おそろいのカラフルつなぎを着てたくさん写真を撮り、

アパートの一室に15人集まって、タコパして夜を明かし。

(みんなフローリングで雑魚寝だったね笑)


みんなでご飯を食べに行って、そのあとはお決まりの深夜までボウリング。

サークルの方針や活動内容のことで、同期とぶつかり、

炎天下の中、畑で倒れそうになりながら作業もしました。

高齢化が進む地域で、集落活動を維持する難しさに直面し、

先輩たちが大好きすぎて追いコン。

(追い出しコンパ、いまの学生もそう言うのでしょうか!?)

卒業式は泣く、泣く、、


これが私の青春だったのでしょう!


ちなみに検索の結果、青春の解釈は諸説ありましたが


「年齢は関係なく、熱中できる物事に取り組んでいるとき。

仲間と喜怒哀楽を感じられる時間を共に過ごしているとき。」


これが私にはいちばんしっくりきました。

20代も折り返したところで、

これからの青春に期待したいと思います!


当時、活動に向かう道中によく聞いていた

miwaのアルバム「Delight」を聴きながら、

ちょっぴりセンチメンタルな小野なのでした…



次回は「のりぴーの青春☆彡」お楽しみに!


67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示