検索

まちらぼのちょっとここだけの話vol.52

みなさん、ごきげんようっす!

小出さんから襷を引き継いだ&ネタに困っている野村祐太です。

(すでに原稿提出日を大幅に遅れています。)


青春かー。あらためて考えても出てこない。

これって思ったら突っ走るタイプだから、青春みたいなこといっぱいある

はずなんだけどなー。ないのか、選べないのか(書くのがめんどうで・・・笑)


よし、書きます。

テーマは「青春時代(中学校時代)の好きな言葉」

いまも自分の軸になっていると言っても過言でないし、悩んだり、迷ったり

したときには必ずここに(原点)戻ってきます。

その言葉は

「トシ、サッカー好きか?」


(まじかっこいい!!)

これは、シュート!というサッカー漫画の中の、

久保先輩がトシ(後輩)に放った言葉です。


もぉ~~衝撃でしたね!!


当時わたしもサッカー小僧だったので、

いろんな場面でこの言葉が響きました。

好きだからこそ踏ん張って何事にもトライして、

続けていけると気づかされましたし、

シンプルな言葉だからいろんなシチュエーションで思いだす。


そして、この言葉って人生の中の様々なことに言えるなと。


日々の生活でのこと、進学・進路を選ばなければいけない時、

仕事の事、交友関係など、人生にはたくさんの選択しなければいけない時があります。

それは避けることができないと思っています。


唯一、避けられるとすれば、誰かに全部決めてもらうこと。

自分では選ばず、誰かに任せれば済む話でもあります。

でも、誰かに決められた人生っておもしろいかって。

誰かに決められたことに、歯を食いしばって頑張れますか?

ぼくは絶対できない。


自分で決めたことだから最後まで頑張れるし、歯も食いしばれる。

自分で選んだ道だからこそ、

陰口や批判をされても泣きながら突っ走れる。


誰かに決めてもらったことなんて、やめる言い訳しか探さなくなるもん。


だからいつも「それって、好きな(やりたい)ことなの?」が基本です。


そんなシンプルな軸を持ち続けながら、これからの人生も歩んでいきたいです(笑)


次回はこのテーマ「青春×らぼ」の最終回を締めくくるのは、

落ちをつけるのが大得意!

笑いの絶えない場づくりの天才HARUTAKAだよ!!


よろぴく(笑)


32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示